力強い効き目が自慢|ED治療薬バイアグラを使うなら、使用するタイミングが肝心!
Pharmaceutical medicament

力強い効き目が自慢

the colorful drugs

バイアグラは、1998年にアメリカのファイザー社から世界で初めてのED治療薬として誕生しました。
世界の各国でも「バイアグラ」という名前は浸透していて、実際に使用することはない女性の方も一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。
このバイアグラ誕生のきっかけになったエピソードが少しユニークなのでご紹介します。
もともとバイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルは、血管を拡張して血流を促す作用があることから狭心症の患者に対して実験をするために使用されていました。
残念ながら狭心症についての効果は一向に現れませんでしたが、不思議と患者がクエン酸シルデナフィルを手放そうとしなかったことから詳しく調べてみると、心臓に血液を流す効果ではなくペニスに大量に血液を流す効果があることを発見。
そこから今度は一転してED治療薬としての研究が進められ、正式にEDの治療薬としてバイアグラが作られたというわけなんです。

誕生の裏に、こんなエピソードがあったバイアグラですが、服用すると具体的にどのような効果があるのか気になりますよね。
通常、私たちが日常生活を送っている時は支障が出ないようにペニスは小さな状態なのですが、これは人の体内にある勃起抑制酵素のおかげなんです。
でも、EDになってしまった方は日常生活だけでなく、性的刺激を受けた時でも勃起抑制酵素が強く働いてしまって正常に勃起することができません。
そこでバイアグラを服用すれば勃起抑制酵素の働きを抑えてくれますので、たくましい勃起を実現することができるんですよ。
特にED治療薬の王様とも呼ばれているバイアグラですから、とても力強い効き目が約束されています。